2009年12月04日

因果を超越する道-1

現象の世界には、因果の法則と周期律があまねく働いている。


周期律というのは一定時間ごとに全くの同一の現象が全く同様に繰り返される現象のことで、

地球が太陽の周りを一年かかって回るのも、分子原子の各電子の運動も、

人間の心臓の鼓動も、肉体細胞の活動も、全部一定の周期を持っている。


心の面の周期律は、3年、5年、7年とその倍数である。


・・・正法誌No39より


詳しくはこちらを読んでください。

http://plaza.rakuten.co.jp/hhokari/diary/200912030000/
posted by SE研究所 at 02:45| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 正法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック