2011年08月17日

正法の変遷−6


正法の変遷−6

(私の生きてきた道―そして、私の生き方)


「私が、いまさら申すまでもなく、水というものは、人間はもちろんのこと、
すべての生き物に欠くことのできない大切なものでございます。

生き物の生きてゆく上に大切なこの水にも、
いろいろの状態によって位があるように思われますが、一つのものから出て、
一つのものに帰ってしまいます。


〜続きはこちらです。
http://plaza.rakuten.co.jp/hhokari/diary/201108130000/



posted by SE研究所 at 02:51| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 正法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック