2012年09月03日

9月17日(月)SE研究会品川ワークショップのお知らせ


東京品川ワークショップ

究極の波動測定・波動改善技術

「心と波動の勉強会」
9月度東京都品川区 ダウジング講座のお知らせ

第50回 品川ワークショップ 第6期・第13回目

毎回、瞑想と、振り子による波動測定を併用した内容で実施したします。

はじめての方も、いつでも参加できます。
確実に心に力が身についていきます。

このワークショップは、目に見えないエネルギーを、正しく捉えて行く事で可能となる、
自分の心を通じた心のエネルギーの使い方と、それに伴う、
正しい心の使い方を学んでいく場となっています。

毎回 「心の目ですべての事象を観る力を養う」 という事に主眼を置いて、実施していきます。
心の奥に内在された、本来の心の力を引き出しましょう。

他、毎回している内容です。

○ 毎回 「大自然の波動と生命」 の勉強会も兼ねて実施いたします。
○ 日本全体の波動改善も行い、マイナス波動を抜いていきます。
○ 参加者全員で、参加者の望むことにエネルギーを入れる実習もしております。
  ※どのような結果が現われるかという事の、体験をしていただきます。

★開催日時

9月17日(月) 敬老の日です。   
10時より受付  10:30〜17:00  

終了後、有志の方でお茶会をしております。
17:00〜概ね19:00まで

基本的には毎月、第3日曜日の10:30〜17:00の実施となります。
   
午前中のみ、午後のみのご参加の場合も承ります。
ご希望の方は、お問い合わせください。

今回のテーマです。

5 心を高める瞑想方法
(心の浄化方法・意識の拡大・太陽瞑想)

運勢をつかさどる9つのマトリックスの表に基づいて実施いたします。

1心のスモッグをとる、反省的な瞑想
2心の光を入れる、天と地を結ぶ瞑想
3心の波動を高めて、願いを実現させる瞑想

これらの3つのサイクルに基づいて、永続的に出来る方法について学びます。
今回は、3回に分けて、段階的に実施いたします。

今回も、前回の続きとして、心のスモッグをとることに対して行います。
これは、二人一組になって、瞑想と波動改善を組み合わせた方法で実施いたします。

後、生活環境のマイナス要因を瞑想により抜き、太陽のエネルギーを入れていく瞑想について
具体的に行っていきます。

※前回より、従来の瞑想方法を見直し、さらにエネルギーの流れがよくなるように、改良しました。
波動測定につきましても、精度が上がるように改良しました。

毎回、SE研究所が編み出した、振り子を使ったダウジングによる波動改善技術と、
瞑想を組み合わせた内容で、実施しております。

午前の部は、心と波動に関する最近の事例についての講義となります。
午後の部は、テーマに基づいた実習となります。

上記のような二部構成で毎回行っております。
初めての方も、どの回からでも、いつでも参加できます。
終了後のアフターでのお茶会もあります。

 
★開催場所

〒140-0004 東京都品川区南品川5-4-2 
「カフェテラス K ’S」

喫茶店を終日貸し切りにして行います。

Tel 03-5461-2319
 
JR品川駅より京浜急行線の特急又は急行で一つ目、
「青物横丁」で降りて徒歩5分
セブンイレブンの隣りです。
 
★定 員
15名まで
 
★会 費
5,000円
昼食・ドリンク・デザート付き  
※現在、すべて会員価格の設定で行っております。
 
★持ち物 
振り子 (お持ちでない方は、お貸しいたします。) 
筆記用具

前回参加された方は、SEカードもお持ちください。

★お申し込先
SE研究所 穂苅まで   
TEL070-6665-0954
FAX 026-217-1073
メール  info@selabo.jp  

ワークショップのご参加連絡は、9月15日16:00までにお願いいたします。
メールもしくは、070-6665-0954までお願いします。
電話に出れない場合は、留守録に入れてください。

個人レッスンも承ります 一時間1,500円 (目安として、一回当たり3〜4時間) 

個人相談の場合は、一時間当たり5,000円となります。 
(目安として、2〜3時間) 電話相談も受け付けています。

出張の場合は、交通費別途となります。 



posted by SE研究所 at 22:44| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演・ワークショップ日程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック