2012年09月18日

肺炎で余命一週間と宣告された話8


今回で最後です。

さらに続けて8月25日からのやり取りです。

========================================

8月25日

父ですが、なんと普通病棟に移っていました。

タイミングが悪く担当医の先生には会えませんでしたが、
酸素の方も取れて自分で呼吸も出来る状態になりました。

回復の早さにビックリです。

以前ICUから普通病棟に移った時は、「○子、○子」と私が居ない時も
看護婦さんに言ってたのですが、今回は言葉数が少なく変です。

認知症になってなかった時の冷静な父の顔になっています。

以下、下記に続きます。

http://selabo.cocolog-nifty.com/miracle/2012/09/8-b975.html



posted by SE研究所 at 23:52| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック