2014年09月18日

プロとしての波動測定及び波動改善をするにあたっての心得


誤解を生まないために

〜自分自身の反省も含めての戒め〜

する側として心得、注意点
依頼者に対して、常に伝えておくべきこと

完全に状況が読めるのではない

ちょっとした心のぶれで、測定にも影響する。

測定は、その事柄に対してのあくまでもエネルギーの状態であるということを伝える。

何を意味しているかということを解釈することは、難しいので、内容によっては数値のみつたえ、
誤解のないようにする。

あくまでも現時点での可能性だと言うことを伝える。

現れる数字は変化する事があるので、現状の一つの動きとしてとらえる。
将来の事は、時として全く違う結果になることもあるという事をしっかりと伝える。

続きは会員ページでご覧になれます。
プロとしての波動測定及び波動改善をするにあたっての心得


============================================


真理の言葉


争う心を持っていると

事故が起こる


============================================

posted by SE研究所 at 08:24| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 会員さんページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック