2014年11月25日

長野の地震では多くの人からご心配頂きありがとうございました


11月22日の長野北部地震では、多くの方からご心配をいただきまして
ありがとうございました

11月22日夜10時過ぎ、長野市及び北部地方で、M6弱の大きな地震がありました。

丁度、その時間発送関係の事務作業をしていたのですが、突然の大きな揺れで中断しました。

(他に優先順位ができてしまい、発送業務があとになってしまいました。
お待たせしている方には大変申し訳ございませんが、もう少しお待ちください)

今まで味わったことのない大きな揺れときしみで、物は落ちて散乱するし大変な騒ぎとなりました。
電気、ガスも止まりしばらく闇の中でしたが、無事に復旧しました。

我が家では、幸い物損もなく事なきをえましたが、長野市内でも塀が倒れたり、善光寺の石塔なども
崩れ落ちてしまったりあちこちで、損害も出ております。

善光寺は来年御開帳ですが、その時でなくてよかったです。

一番ひどいのは白馬村ですが、建物の倒壊、ケガなど気の毒でなりません。
奇跡的に死者が出なかったことは不幸中の幸いでしたが・・・

白馬は大変な積雪地帯ですから、これから雪が降りだしたら復旧も大変な作業となります。

今朝も余震があり、ぐらっと来ました。
まだまだその余波は続きそうです。


今回の件では、多くの方からご心配のメールをいただきました。
ありがとうございました。
この通り無事です。

しばらく日本の波動改善といいながら、私自身随分とさぼってしまっていました。
反省をしております。

こちらもまた、再開をしていきたいと思います。
このようなことをするうえで、効果の有無を問うのもいいですが、まずはやらないと
結果が生まれません。

最悪で全く効果がないということになりますが、また多くの人の心が結集すれば、
多少なりとも結果は違ってくるのではないかと思います。

地震のエネルギーをゼロにはできなくても、少しでも軽減できればと思います。
大難であっても、中難に、またさらに小難にとなるような努力が必要だと思います。

他の災害についても然りです。

これは、私自身にも言い聞かせていきたいと思います。
これからも、ご支援、ご協力をお願いいたします。

SE研究所
穂苅秀郎



===============================================


神理の言葉


陰徳

この行為こそ

真実のそれである


===============================================



posted by SE研究所 at 07:45| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害・自然現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック