2015年01月29日

家庭内での親子関係の変化


この方はご高齢ではありますが、実年齢よりも10歳近くは若く見えるとても
バイタリティにあふれる方です。
ただその様な方にも、悩みは必ずあるものです。

お話を聞きしますと、五本の指ではちょっと足りない位の事柄に日々
悩まれているようです。

その中の一つに、こんな悩みがあるのだそうです。

それは年頃を過ぎてしまった、独身のお嬢様の事なのだそうです。

よい縁に恵まれたい。
よいパートナーが出来ないか・・・と。

ご自分の事は棚においても、お嬢さんの老後に入った時の生活を思うと心配で
仕方ないそうです。
これが親心なのでしょうね。

そのお嬢さんは外ではバリバリに仕事をこなし、職場ではかなり上の肩書きを持ち
部下を指導する立場で活躍されているそうです。

それ自体は大変誇らしいことです。

ただそのお母さんにとって心を痛めているのは、良縁がなかなか無いという事も
そうですが、家庭内で全く会話が無いという事なのだそうです。
それは、ずっと心の重荷になっていたようでした。

何年も何年もその事で心苦しく、お嬢さんからは全くといっていいほど会話もなく、
家の中でもほとんど顔も合わせることもせず、コミュニケーションをとってくれないの
だそうです。

たまたまそのお母さん昨年の冬にさしかかる時期から、SE研究会のワークショップに
参加されるようになりました。
また個人相談も受けられました。

続きはこちらです。
http://selabo.cocolog-nifty.com/miracle/2015/01/post-d5ed.html

============================================


神理の言葉

魅力ある人間の条件の7箇条

その7

常に相手と対等に話をする人  平等


============================================


SE研究会・2月のワークショップのお知らせ

2月07日(土)13:30〜17:00 新潟県上越市ワークショップ
2月15日(日)10:00〜17:30 東京都品川区ワークショップ
2月22日(日)13:30〜16:30 長野県長野市ワークショップ

詳細はこちらをご覧ください。

※近日中に更新します。

http://www.selabo.jp/semi/wsnaiyo.html

※大阪での講演・ワークショップは4月4、5日に行ないます。
詳細は近日中にご案内させていただきます。

posted by SE研究所 at 09:39| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 対人関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック