2015年02月02日

神と罰について


≪今よみがえる高橋信次先生の教え≫

高橋信次先生のメッセージとエピソードです。

色々な関係者からの本の抜粋です。

一日一分で読める心のエッセンスです。

心の栄養となりますように。


***********************************************


神と罰について


これまでの人類史は、調和されていた期間が短く、不調和を創造してきた期問の方が長い。

そのため、人間はいろいろ罪を重ねて来た。神の子としてあるまじき罪悪を生み出して来た。


人間は自由意志と自由な創造力が与えられ、それが神の子の当然の権能として行使できるため、今日の悪を
つくつてきたといえる。

人間の本質は神の子である。悪ではない。

神仏の子であるが故に、自分がつくつた罰は、自分で償わなければならないように仕組まれている。


神仏は神仏の子を罰しないのである。

神仏が罰を当てるとする考え、思想は、人間とは何んであるかを知らない人、法とは何んであるかを知らない人々が、自分達の団体を維持するためにつくったとしかいいようがない。

神仏は人間に罰を与えるどころか、不幸な子ほど親が心を煩うように、神仏も心を煩わされるのであって、神仏の心は人間の心と少しも変わりはないのである。
 
神仏が罰を当てると考えてはならない。

蒔かぬ種は生えぬ、蒔いた種は刈り取ることが神埋であり、法であり、人間に課せられた人命といえよう。


***********************************************


★著書データ

高橋信次師のことば

園頭広周

正法出版社

1989年9月20日発行より

より抜粋しました。


***********************************************


バックナンバーはこちらです。
http://archive.mag2.com/0000147225/index.html

posted by SE研究所 at 02:21| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック