2007年12月24日

ブラジルの予言者ジョセリーノ


この時期になると、未来の予言や占いの特番が出てきますね。


その中でも、相当にインパクトがある人の番組がありました。


●木●子先生ではありませんよ。(笑)


それは、ブラジルの予言者ジョセリーノと言う人が


2043年(確か昨年は2039年と言っていたようですが・・・)
それは、誤差の範囲でしょう。

その時には、地球温暖化で人類絶滅の危機になるほどの、
相当に深刻な事態に陥るという事を言われていました。


この方は、夢の中でその場に行って見てくるのだそうです。


それに合わせて、ゴア元副大統領に関しての、

クリントン政権での副大統領就任から、
つい先日のノーベル平和賞受賞までの一連の予言もされていたそうなので、

これは、相当に信憑性があります。

しかも、なんと、「不都合な真実」というタイトルの本を出すことまで予言、
それも、クリントン政権で副大統領になる前に!!です。


こんな人、見たことありません。
おそらくノストラダムスも、この人の前では、顔面蒼白でしょう。

数々の大事件を、もう何年も前に予言しているのだそうです。




このジョセリーノさんによると、



2015年からヨーロッパ大陸で熱波の影響で大干ばつが始まる。

(+50)


2017年に、それは気球規模で広がる。

(+30)


2028年にはベネチアが水没してしまう。

(−05) 

 
そして、世界各地が、水害や水没で苦しめられる。

(−05)


2038年アフリカ大陸は摂氏58度になり、

(−05)


2040年にはアマゾンの熱帯雨林が消失してしまう。

(−05)


これがきっかけになり、


2043年には多くの人類が死に至る可能性がある。

(−10)


という、環境問題に対する予言をしていました。


( )の数字は、それに対しての共鳴具合としての、ダウジングでの測定値です。
念のため測定してみました。


+は、起こる確率
−は、起こらない確率


しかしそれは度合いの問題で、
起こらない、起こるという断定的な判断ではありません。



マイナスだからといっても、その動きは小さいので、全く安心できません。
単純に起こらないで済む、とは言えないのが判断の難しいところです。


実際に予言通りになったら、全ての生命は終わりとなってしまいます。

しかし、そこで終わってしまったら、
そこで地球での人類の話終わってしまいますから、

恐らくあらゆる困難を克服して、
本当に平和な世の中を作り上げていく事を信じたいです。




そして、

ジョセリーノさんは、
「ターニングポイントはまさに今です。意識が変われば、未来は変わる。」

というような事を言われていました。

本当に、やばいところまで来てしまっているようです。


この測定値も、努力して、ぎりぎり防げるという数値のような気がしてなりません。


ところで、アセンションといわれている2012年問題
(これは正直なところ、理解しがたいですが・・・)

これについては、ジョセリーノさんは触れていなかったのですが、
果たして、本当に世間で言うようなことが起こるか疑問です。

それほどの事ならば、当然未来予言の重要なポイントとして、
取り上げていたはずですが・・・




ちなみに、年明けの1月下旬、
東京に大雪が降り、交通網が大分混乱するそうです。

都心部の方は、気をつけてください。

地方の人は雪は慣れているから、大丈夫ですね。






【ダウジング通信講座実施中】
あなたも、天と繋がるホンモノの潜在能力を開花してみませんか
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【奇跡のSEカード】
あなたの人生を幸せに導きます
http://www.selabo.jp/shop/secard.html

【新説:時空間を越えた幸福論】
〜神理の言霊〜
http://blogs.yahoo.co.jp/sefuti/

【専用の質問箱掲示板です】。
毎週、月曜日の22:00から集中してお答えしています。
ご質問はこちらに書き込みしてください。
http://bbs7.fc2.com/php/e.php/selabo/

【今よみがえる高橋信次先生の教え】
こちらもメルマガです。
http://www.mag2.com/m/0000147225.htm


この記事の出典元
http://sefuti.blog.shinobi.jp/Entry/37/
posted by SE研究所 at 16:30| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 波動の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジョセリーノ氏の講演会に行ってきました。彼は、予言で出たアマゾンの砂漠化が本当かどうか調査をし、信憑性があるので自ら行動をしています。私たちも、出来ることから始めましょう。良いことをすると良いことが帰ってきます。私はEM菌で排水口を汚染源から浄化源に変えること、寒くても着込んで暖房を減らすこと、自家用車を出来るだけ使わないことなどを癖付けしています。
Posted by サム at 2007年12月25日 22:09
コメントありがとうございます。

経済的な価値観から離れて、損得とは別の大きな目で捉え、行動する事が大事ですね。
色々と工夫していかなくてはいけませんね。

そういう意味で、もう価値の転換が必要な時期になってしまいました。

まずは、個人の問題から、出来ることをする、それはとても大事であり、また物事の基本になる事だと思います。



Posted by sefuti at 2007年12月25日 23:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック