2008年03月02日

不幸について



人相や手相にどんなに凶相が出ていても、こころを正しくすると不幸には絶対にならない。


明日がどうなるか分からないときも、こころを鎮めて祈るのだ。

すると必ず解決するのである。


不幸になった人は、思っている事は良かったが、行動が間違いだったか、

また、行動派よかったが、思っている事が間違いだったかという事を考えなくてはならない。


この記事の出典元
http://blogs.yahoo.co.jp/sefuti



ラベル:不幸 幸福
posted by SE研究所 at 08:59| 長野 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 波動の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック