2012年06月24日

神理の得られ方とは 


神理は智と意と情の三体、
それに実践と行為によって調和される。

調和されている者は安らぎの霊域に包まれて、
観自在力の能力が与えられ、霊的な力が持てる。

己に足ることを知れば、自ら心は広くこだわりがなくなり、
あらわる面に恵まれた環境が完成していく。

霊的な現象にとらわれることなく、
人間らしい正しい人生を送ることが、第一義である。

不調和な原因を追求すると、ほとんどが、
自分の欲望が満たされない為に起こるのである。


posted by SE研究所 at 19:53| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神理の言葉集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 許し

 
許し

今まで、誰かを憎しみ怨んできた人があったら、

この場でその人を許し、
その人が幸せになることを祈りなさい。

その祈りは、祈った瞬間に相手に通じて、
相手も変わっているはずである。



posted by SE研究所 at 01:50| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神理の言葉集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

守護霊からの通信とは


守護霊からの通信とは

予感とか、虫の知らせは守護霊からの通信である。
心の内からの囁きというのも、そうである。

反省をして、心をきれいにしている人には、
守護霊の声が大きく聞こえ、

心の乱れている人には、その声は聞こえなくなる。

霊的に受け入れる準備が出来れば、
おのずと真理の扉が開かれる。

心を常にきれいに、
そして謙虚な心を持って、

いつでも受け入れられる自分に、
しなければならない。



posted by SE研究所 at 23:43| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神理の言葉集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

言葉


過ぎたお世辞、横暴な語り方は人の心を傷つけ、やがて自分に跳ね返ってくる。

言葉は、少なすぎても、多すぎても自分の意志を正しく人に伝えることは出来ない。

良く自分の心に問い、自分が相手の心になって語り合うことが大事である。

強い言葉は、相手に不調和を呼ぶ。

争いは、不調和な原因を作ってしまう。

相手が怒っても、言葉を良く判断し、心を動かしてはならない。



posted by SE研究所 at 23:46| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神理の言葉集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

正しい念

正しい念は中道という慈悲、愛を根底にしたものが最上であり、
人間の姿は本来そういうものである。

心は、神の精というエネルギーを受ける場であり、器である。

己の魂を向上させるには、まず潜在意識につながる事。

それには、まず想念を浄化する事である。

つまり、五官に左右されない生活を送ることが大切である。


【東京品川・心と波動の勉強会】

6月17日(日)   
10時より受付  10:30〜17:00  

4 生活環境を高める方法と波動改善方法
 (土地・建物・身の回り品の波動の整え方、改善方法・浄化方法)

上記の第三回目です。


〒140-0004 東京都品川区南品川5-4-2 
「カフェテラス K ’S」
喫茶店を終日貸し切りにして行います。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.selabo.jp/


posted by SE研究所 at 07:08| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神理の言葉集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

せっかちと短気は、その自由闊達な神性のほとばしりの障害となる


せっかちと短気は、その自由闊達な神性のほとばしりの障害となる。

常にリラックスし、受身的で穏やかで平静で、
しかも奥には自信を秘めた状態でなければはならない。

その状態にある限り万事がうまくいき、
必要とするもの全てが施されるとの確信を持たなければならない。


新しく、「神理の言葉集」というカテゴリーを作りました。
今から27年くらい前に本や講演などから学びながら、手帳に書き写した言葉です。
高橋信次先生、園頭広周先生、他諸先生方の心に響く言葉を手帳に書き綴ったものです。

それは今の私の人格形成と、モノの見方、価値観を作りあげる上で、
非常に大きな役割を果たしてくれた、言葉の数々です。
この手帳が今の自分自身のベースになったといっても、過言ではないかも知れません。

今となっては、どの先生が何を語られたかは、明確ではありませんが、
記録として、新たに、このブログに書き写していきたいと思います。


1985年の手帳の写真です。
最初のページに、心行についての言葉を書きました。
こちらは、高橋信次先生の講演での言葉です。

「我 正法に目覚め 正法の流布に一命を投げ出す
今から 正法を広めん」

今でもこの言葉に触れると、心が小刻みに震えてしまいます。
魂を揺さぶる深い感動が沸き起こる、不思議な感覚が生じます。

IMG_20120602_012531.jpg

IMG_20120602_012613.jpg


posted by SE研究所 at 01:19| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神理の言葉集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする